トップページ > 宅地建物取引士 法定講習会のご案内

宅地建物取引士 法定講習会のご案内

公益社団法人全日本不動産協会滋賀県本部は、滋賀県知事の指定を受けて宅地建物取引士証の更新などに必要な宅地建物取引業法第22条の2に規定されている講習(以下「法定講習会」という。)を実施いたします。
会員の方はもとより、会員でない方、宅建業に従事されていない方も受講可能です。受講対象の方は、お気軽に当協会の法定講習会をご利用ください。
この法定講習会は、公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会でも実施されています。詳細はホームページ等でご確認ください。

宅地建物取引業法の一部が改正され、平成27年4月1日より施行されました。
これに伴い、「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」の名称に改められましたが、現に交付されている「宅地建物取引主任者証」は、「宅地建物取引士証」とみなされます。

受講対象者

滋賀県知事登録の宅地建物取引士で下記のいずれかに該当する方

  • 1宅地建物取引士証の更新をしようとする方(有効期限6ヶ月前より受講できます)
  • 2宅地建物取引士証の有効期限が切れたため、改めて宅地建物取引士証の発行を希望する方
  • 3宅建試験に合格し、登録後、新たに宅地建物取引士証の発行を希望する方
    (宅建試験に合格した日から、1年以内の方を除きます)

講習会日程・会場

  • <令和4年度>
  • 講習日会場
  • 【第1回】  令和4年6月22日(水)  受付中【第2回】  令和4年10月予定 準備中滋賀県庁 大会議室 7階

※申込み締切 講習日の概ね3週間前まで(定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。)

講習会当日のスケジュール

  • 受付 9:20 ~ 9:45 受講票の確認と現在お持ちの取引士証を回収します
  • 事務説明 9:45 ~ 9:50 注意事項等の事前説明
  • 講習会 9:50 ~ 16:30 講義
  • 宅地建物取引士証交付 16:30 ~ 新しい宅地建物取引士証を交付します

お申込方法

講習を希望される方は、必要書類一式を郵送いたしますので、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
また現在、取引士証をお持ちの方には、取引士証有効期間満了日約6ヶ月前に、ご本人様へ更新のご案内を郵送致します。詳細は、当協会より郵送いたします案内状にてご確認をお願いします。

<窓口及び問い合わせ先>

公益社団法人 全日本不動産協会滋賀県本部 【宅地建物取引士】係
〒520-0043 滋賀県大津市中央3-4-20
受付時間 10:00~16:00 月曜~金曜(祝日を除く、年末年始・夏期休業あり)
TEL: 077-523-5151  FAX: 077-523-5259

<申込み必要書類>

  • ①宅地建物取引士講習「受講申込書・管理カード」(案内状と一緒にお送りします)
  • ②宅地建物取引士証交付申請書(案内状と一緒にお送りします)
  • ③カラー顔写真3枚(縦3cm×横2.4cm)(顔2cm程度)

    6ヶ月以内に撮影した、正面向きで上半身、無帽、無背景の写真。ポラロイド写真、光沢紙でないもの、不鮮明なもの、劣化の可能性のあるものは不可。

  • ④滋賀県証紙 4,500円
  • ⑤受講料(12,000円)振込書のコピー
  • ⑥受講票返信用封筒 (案内状と一緒にお送りします)

登録事項に変更がある場合・その他の注意

宅地建物取引士資格登録簿の登録事項(氏名・住所・本籍・勤務先)に変更がある場合は、必ず事前に滋賀県住宅課へ変更登録申請書(様式第七号)に必要書類を添付して提出してください。(郵送可。下記参照)

受講前に変更がなされていない場合、更新後の宅地建物取引士証の即日交付はできません。

様式は、滋賀県住宅課ホームページよりダウンロードが出来ます。
なお現在宅建業に従事していない方、または従事する予定のない方で、宅地建物取引士証の更新を希望されないときは、講習を受講する必要はありません。その場合、宅地建物取引士資格登録が無効になるという事ではありませんが、更新せずに宅地建物取引士証の有効期限が満了した場合、速やかに滋賀県土木建築部住宅課に返納しなければなりませんのでご注意ください。

○変更届提出先は、次のとおりです。

〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号
滋賀県土木交通部住宅課TEL: 077-528-4231
提出方法等詳細は、滋賀県住宅課のホームページをご覧ください。

https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/download/302871/104073.html